リーキーガットの症状と原因

HNCK5776

私ってもしかしてリーキーガットかな?

そう思っている人にリーキーガットの主な徴候を挙げます

・ガスが溜まる
・吐き気
・よく下痢する
・過敏性腸症候群(IBS)
・月経前症候群(PMS)
・多胞膿性卵巣症候群
・食物アレルギー
・ニキビ ・赤ら顔
・皮膚湿疹
・リウマチ様症状
・橋本病様症状
・セリアック病
・抑うつ感
・不安感
・ADD
・ADHA
・花粉症
・乾癬

以上挙げたらきりがありません。

腸から異物がもたらされて、免疫が作用してこのように多様な症状を発現させます。

どの症状がでるかは、個人個人によって違います。

なんとなく腸カンジダ病の症状と似ていますよね。

リーキーガットとは文字通り、何らかの原因で腸に穴が空き、内容物が漏れだす状態のことをいいます。

小腸の内側が損傷することによって、消化できていない食物や食品添加物、細菌が漏れ出し、血流にのって体中をかけめぐります。

血流にのってやってきたこのような敵に対して自己免疫が反応することによって、食物アレルギー様反応、偏頭痛、慢性疲労、腸管過敏症、リウマチ様症状のような現代病に似た症状をもたらすのです。

リーキーガットになり、小腸の細胞が損傷してしまえば、消化に必要な酵素が体内で生成できなくなります。

そうすると、身体に必要な栄養を吸収できなくなり、免疫系が弱まり、ホルモンの乱れなどがみられるようになります。

リーキーガット症候群になる原因

 ①食生活 

リーキーガットは概ね食生活に起因しています。

グルテン(小麦、大麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質)、大豆、乳製品のような毎日口にしている食品に原因があることがほとんどです。

このような食品はアレルギーの原因にもなりやすく、口に入れると抗体が作用し、自己免疫が活性化します。
(これ以外にアレルギーになりやすい食品は今後記事にしていきます。)

風邪や熱、インフルエンザにかかると、身体がダルく動けなくなりますよね。

ダルくなるのは身体の免疫が闘っているからという話はよく聞くと思います。

風邪のときと同様、食物アレルギーが疑われる食品を口にすると、免疫機構が作用し、下痢、頭痛、関節痛、疲労感のような症状がでるのです。

普段、人よりも疲れやすかったり、慢性疲労症候群の症状がある人は一度リーキーガットを疑ってもよいかもしれません。

 ②薬 

抗生物質、ステロイド剤、ドラックストアで手軽に購入できるイブ錠やバファリンなどアスピリン系、アセトアミノフェン系を飲むことによって、リーキーガットがもたらされることがあります。

以上の薬は小腸の内側を刺激し、小腸を保護しているムチン層を損傷します。

薬による刺激によって、小腸が炎症を起こし、小腸に穴が空いてしまってリーキーガットに至るのです。

もしかして、私ってリーキーガット?って思ったあなた、抗カンジダ対策始めましょう!

リーキーガット症候群(LGS)とカンジダ病の症状はよく似ています

慢性イースト(酵母菌)感染患者のほとんどが、リーキーガット症候群を患っているといっていいでしょう。

カンジダアルビカンスは酵母菌という真菌の一種で、体内に侵入しやすい厄介者。

しかも、酵母型から菌糸型へと変化する性質があります。

慢性イースト感染に気づかず放置しておくと、酵母型だったカンジダは強力な菌糸型へと変化し、菌糸を消化管にまで伸ばして、腸に”集落”を作るようになります。

カンジダは酵母型では非侵襲的であることがわかっていますが、菌糸型になると侵襲的になり、仮根と呼ばれる長く根をはった構造を作り出します。

仮根は体内の粘膜や小腸の壁を貫通する性質があるため、小腸に微小な穴が空き、その穴から食品中添加物、消化されていない食物、細菌、イースト等が血流に流れ、体内をかけめぐるのです。

この症状がリーキーガット症候群になります。

以上からわかるように、カンジダデトックスを意識して生活すれば、おのずとリーキーガットの症状も緩和します。

カンジダにならないような生活をしようと思えば、かなりストイックな生活が強いられます。

周りに流されず、しかるべき食生活、生活習慣を改めていかないと再発しやすいのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加