リーキーガット 消化管と脳、原因

HNCK0599

消化管は、消化をコントロールしたり、悪しき細菌が体内に侵入しないようにはたらくなど脳と連携して様々な役割を担っています。

消化管が不安定な状態になると、ガス、膨満感、空腹感、不安、ストレス、疲労、関節炎など身体や心にも影響を及ぼすことがわかっています。

このことから、「腸は第二の脳」という言葉をよく耳にしますよね。

リーキーガット(=腸漏れ状態)があると、腸の内層に影響を及ぼし正常な消化ができないようになってしまいます。

腸の透過性のせいで、未消化物や添加物、細菌などが血流に漏れ出し、さらに腸壁を傷つけることになるのです。

健康な人では、添加物や細菌など悪しき敵を口に入れても、腸の細胞同士が隙間なくくっついて(いわば「門番」)いるため、身体に影響を及ぼすことはないのです。

一方、リーキーガットがあると、腸細胞の様相が乱れているため、添加物や細菌が体内の血流やリンパ系に移行してしまうそう。

身体がこの悪しき敵を認識して特定すると、免疫系が作用してそれを捉えうとし、そうすることによって、炎症を惹き起こし、消化機能を阻害することにつながってしまいます。

消化機能が阻害されるから、栄養をとっても栄養素を吸収できず、免疫系が弱まり風邪などもひきやすくなってしまうんですね。

腸管関連リンパ組織には食物アレルギーを惹き起こす抗原や病気を招く病原菌から守る作用があるため、腸と免疫はものすごく密接に関わっていると言えるでしょう。

リーキーガットがあれば通常、自然に治癒する方向に作用するけど、食物アレルギーに気づかずにアレルギー源のものを食べていたり、毎日同じ食品を食べていると、腸が炎症していっこうに治るはずがないことがわかっています。

腸が慢性的に炎症していると、うつ症状、アルツハイマー病、骨粗しょう症、皮膚のびらんなどの症状もみられることがわかっています。

このほか、過敏性腸症候群(IBS)、クローン病、セリアック病、リウマチ、ぜんそくのような症状も惹き起こすのだそう。

リーキーガットになる原因

・乳糖不耐症をはじめ、何らかの食品に感受性がある。

・日々、ストレスがある。

・腸に悪影響を及ぼす何らかの薬や治療の処方を受けている

・放射線療法、化学療法、ステロイド治療を受けている。

・アスピリンの長期処方、抗生物質等を摂取している。

以上は腸内フローラを荒らし、消化機能の正常化をはかっている腸内善玉菌に大打撃を与えてしまいます。

スーパーに行けば添加物どっさり、TVを見ればスイーツ特集。多剤処方問題。

私たちの周りにはあまりにも毒といえるものが多いですよね。

このような毒が病苦をもたらし、リーキーガットの原因になるんだそうです。

私は、以前にも書きましたが、ニキビのせいで抗生物質を長期投与され、子どものときも風邪ひくと医者に大量の薬を処方されていた(今思えば、ただの風邪なのに5種類くらい薬処方されてた。やぶ医者だったのかな。)ので、ほぼ間違いなくリーキーガットだと思ってます。

日本の医者でリーキーガットの存在を認めてる人はかなり少数派だと思うので、自分で知識をつけて治していくしかないですね。

リーキーガットを治癒するために行うべきこと

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加