風邪をひいた時にオススメのデトックスあったかスープ

今日から世間は3連休ですね。
来週は5連休だとか。
企業に属してないのであまり恩恵は受けないのですが、時間がとれそうなので読書したり、調べ物したり有意義に過ごしたいと思います。

近頃は気候もほどよい暖かさで、1年中このくらいの気候だったらいいのにな~。

それにしても、豪雨の影響による常総市や仙台市の被害は甚大ですね。
心配です。

朝食

image (54)
目玉焼き

たらこ

高野豆腐←味噌汁につけただけ。

レタス

キャベツのお味噌汁

胚芽米

プロテイン

たらこはナイアシンが豊富に含有されているので、2週間に1回くらい食べるようにしています。

スーパーで売ってる「たらこ」は概ね赤色着色料が添加されているので、実家の母親に頼んでパルシステムの無添加たらこというものを買っといてもらいます。

ナイアシンが不足していると、統合失調症のような症状がでる方がいらっしゃるそうです。

また、ナイアシンはエネルギー回路、TCA回路を回すのに欠かせない栄養素なので、私はナイアシンサプリも摂っています。

ナイアシン単体のサプリを摂ると、ナイアシンフラッシュという熱りのような副作用があるそうなので、私は副作用のない「イノシトールナイアシン」を摂取しています。

イノシトールは脂肪肝の改善やうつ病を和らげる効果もあるそう。

栄養療法を受けている人がまず摂っているサプリと言えますね。

昼食


image (55)

豚ロースをにんにくと醤油で味付けしたもの

朝の残りの味噌汁、胚芽米

キャベツ、プロテイン

ちょっと野菜が少ないですわぁ。

夕食

image (56)
枝豆

かつおの刺身

大根のデトックススープ

ちょこっと喉が痛かったため、喉痛に優しく作用する大根のスープを作りました。

大根のデトックススープ

材料:
(スープの具)
大根   1/2本
もやし 1/2袋
えのき  1/2袋

(鶏だんごの具)
鶏ひき肉  300g
しょうが     1かけ  ←すっておく。
長ネギ  1/2本   ←みじん切りに。
大葉   多めに  ←みじん切りに。

1、鍋に煮干しや鰹節で出汁をとる。(昆布でもOK)

2、ボールに鶏だんごの具を全部入れて、弾力がでるまで混ぜる。味付けに塩、こしょう、醤油を少々いれて再びよーく混ぜる。だんご状にしておく。

3、スープの具を1口サイズに切って、先に大根を1の鍋に投入。
(大根の皮には栄養があるため、私は皮をつけたまま食べてます。)

大根が柔らかくなったら、残りのスープの具と2のだんごを投入。

4、だんごに火が通ったらできあがり☆

味が薄いと思うので、醤油を少したらしてもいいかも。

なるべく素材の味をシンプルに楽しみたいタイプなので私はそのままいただきました。

スープが残ったら、胚芽米などを少し入れておじやにしてもGood!!

大根、生姜、ネギなど風邪をひいた時にぜひ摂りたい野菜と胃腸に優しい鶏肉なので、これからの季節、風邪をひいた時でもちゃちゃっと作れちゃいます☆

もちろん、カンジダ、リーキーガットの人でも問題なく食べれると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加