最近の低血糖症ごはん

シルバーウィークも終わり、今年もあと100日となりました!
すぐ年末になってしまいそうな勢いですね。
新年に目標をたてたものの、まだ達成していないことが多大にあるのでひとつひとつこなしていきたいと思います☆

最近の朝食

image (79)

ソーセージと卵焼き

胚芽米+かつおぶし、大根と豆腐のお味噌汁

※ソーセージなどの加工食品に含まれるリンが体内のカルシウムを排除してしまうということなので、食べ過ぎには気をつけてます。
あと、なるべく糖質量(炭水化物の表を見る)の少ないソーセージを選んでいます。

少しお高めだけど、アルトバイエルンや彩りキッチンZERO Plus糖質0あらびきウィンナーが糖質量少ないのでオススメです


image (80)
しょうが焼き

胚芽米+玉ねぎの味噌汁

しょうが焼きは、しょうがと醤油だけのシンプルな味付けです。

しょうが焼きに砂糖を入れる人、信じられません。笑
玉ねぎで十分、甘みがでますからね☆

『低血糖症と精神疾患治療の手引き』によれば、
玉ねぎにはインスリンに似た成分が含まれ、アリシンなどビタミンの吸収を促す成分も含まれるので、豚肉を食べる際には玉ねぎも一緒に調理すると相乗効果が期待できるそうです。

低血糖症になってから、玉ねぎをよく食べるようになりました!

image (81)
夜は、面倒だったので鍋にしちゃいました。
焼肉用の鍋ですが・・・。

昆布と鳥手羽で出汁をとり、がんもどき、にら、大根、しめじを入れてグツグツ。味噌を入れてできあがり☆
完全オリジナルメニューでしたが、意外に美味しかったです。

最近、欧米の健康志向の間ではボーンブロスっていう「骨スープ」がめちゃくちゃ流行ってます!!

牛、豚、鶏の骨を煮込んだスープのことで、それは具抜きで骨のエキスだけを抽出したスープなんですが、今回その骨スープを応用しました。鶏手羽はもちろん、ガブリです。

がんもどきは、タンパク質量がけっこう多いので時々食べます。
厚揚げとかも大好き。

image (82)
鍋だけじゃ、たんぱく質足りないだろうってことで、シメサバも買って食べました。

夫が酒呑みなので、タンパク質の多い食事に合わせてくれるので助かります。

以上、最近のローカーボ、ハイプロテイン食でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加