IgG 遅延型フードアレルギー検査を受けました

マリヤクリニックで遅延型フードアレルギー検査を受けました。

遅延型アレルギーとは、何らかの食品を口にしたあと、数時間~数週間後に不快な症状がでることです。

即時型アレルギーと比較して症状が現れるまでに時間がかかるため、自身が遅延型アレルギーなのかわからずに原因不明の症状に悩まされている方が多いそうです。

この遅延型アレルギーを調べるIgG(免疫グロブリンG)検査では、慢性疾患と呼ばれる症状の原因となる食物があるか、あったとしたらどの食品かを洗い出します。

どの食品に遅延型アレルギーがあるかグラフ化されるので、除去するべき食品が明確になります。

私がこの検査を受けた理由は、IgGがあった場合の影響を気にする方が精神衛生上よくないことと、健康に良かれと思って積極的に食べているものにアレルギーがあったら元も子もないと思ったからです。

特に毎日同じようなメニューばかり食べていると遅延型になりやすいと耳にし、毎日同じように、卵、肉などのたんぱく質ばかり食べていた私には受けない選択枝はありませんでした。

以下に遅延型アレルギーがあった場合の症状を挙げます。

神経症

うつ症状

不安感

集中力がない

疲労感

PMS

消化不良

膨満感

吐き気

便秘

IBS

ニキビ、アトピーなどの肌荒れ

鼻づまり

食後、しばらくすると体調をくずす

腸内カンジダ症

など。

もう病気のデパートって思うくらいキリがなくてそれ以上の症状は書ききれませんが、概ねこのような多岐にわたる慢性疾患と呼ばれる症状の原因のひとつに、遅延型フードアレルギーがあるということです。

ちなみに、アメリカのグレートプレーンズ研究所の検査キットを使いました。

検査の価格は、約3万円くらいしたと思います。
(←円高・円安で価格も変動するので病院に確認してください☆)

事前に、病院で血液をとるだけなので比較的簡単な検査です。

価格は高かったのですが、受けてみてよかったと思います。

ただ、私の検査結果ですが、期待していたよりも悪い結果じゃなくて拍子抜けしました。

遅延型フードアレルギー検査の結果公開

image (88)

あれ!?

全然棒グラフが伸びてない(笑)

もっとグラフが横に伸びて、「あー私って、やっぱり遅延型アレルギーなんだ。頑張って除去食しよう」っていう展開を期待していたのですが、なんとも中途半端な結果でした。

ちなみに、あともう1枚アレルギーグラフがありまして、

私の遅延型アレルギー反応結果は、

中度=卵

低度=チーズ、コーン、アーモンド、にんにく、アズキ、ピスタチオ、カツオ、ビール酵母、カンジダ・アルビカンス

ということでした。

これらは、食べ過ぎなければ特に気にするレベルじゃないそうです。

ただ、私の場合、卵は1日1個にしとくよう言われました。

まぁ、結果としては高反応なアレルギーがなくてよかったです。

リーキーガット(腸漏れ)があると、遅延アレルギーの結果はひどくなるらしいです。

これから、遅延型アレルギー検査を受ける人にちょっとしたアドバイス

アレルギー検査の前には、色んなものをまんべんなく食べておくことが大事です。

除去食してると、除去してる食品の反応がでにくくなるそうです。

私はその時チーズを除去していたので、食べておけばよかったなぁと後悔しました。

私の結果は中途半端でしたが、「遅延型アレルギー、結果」とGoogle画像検索するとけっこう皆さんアレルギーあるみたいです。

どこで受ける?

インターネットで簡単に受けれるキットがあるみたいですが、アフターフォローはやっぱり病院のほうがしっかりしてます。

たとえば、何らかの食品に高度の反応を示した場合、医師の判断を仰がずに当該食品を勝手に除去してしまうと、その食品で補われていた栄養素が不足してしまいます。

仮に、卵にアレルギーがあった場合、卵1個に代わる他のタンパク質は、どのくらいの量で補うかなど栄養士さんが個別に詳しく説明してくれます。

もちろん、受けれるような病院が遠方な方は検査キットで今後の食生活の対策を立てていくのが良いですよね。

私にとっては原因解明にあまり役立つような結果ではありませんでしたが、海外ではニキビのある方やADHDなどの原因解明にこの遅延型フードアレルギーはメジャーで、元気になられる方や肌が綺麗になる方も多いそうです。

遅延型フードアレルギー検査は価格が高いですが、上記にあげた不調があって病院で原因不明といわれているような方はぜひ受けてみるのをオススメします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加