自分にどの栄養素が足りないか調べるには有機酸検査(OAT)を受けるべし

HNCK5372

自身にどの栄養素が足りないか把握できていますか?

普通、なかなかわからないですよね。

ベースサプリメントは良いとして、やみくもにサプリメントを飲んでいても経済的に負担になるし、過剰摂取による体へのリスクも少なくありません。

私は、これまで栄養療法に関しては、保険の範疇内で血液検査を何度も受けてきました。

しかし、有機酸検査(OAT)ほど、どの栄養素が足りないのかが明確になったものはありません。

OAT検査では、足りない栄養素が細かく判明するだけでなく、腸内にイースト菌が過剰発生しているか否かも判明します。

つまり、自身が腸内カンジダ症患者であるのかはっきりします。

自身が腸内カンジダ症ないしリーキーガット患者だと思い込んで、独自にケアを行っている方は多いと思います。

わたしの場合、このOAT検査を受けることによって、自身の栄養代謝の謎がすべて解けただけでなく、遺伝的に足りない栄養素、どんな栄養素を摂取すれば元気になるのか、何の栄養素を過剰に摂取しすぎているのかはっきりしました。

イーストや細菌が腸内に過剰発生すると、行動障害、注意欠陥・多動性障害 (ADHD) 、運動障害、慢性疲労症候群に似た症状や免疫機能の低下など多彩な症状が現れるそうです。

このような慢性疾患ないし神経症状がみられる人の多くは、身体にとって毒といえるある有機酸が腸内で異常発生しています。

異常発生の原因には、抗生物質の服用歴、甘いスイーツばかり食べる人、免疫不全、遺伝因子等があります。

OAT検査によって異常が検出された場合には、ビタミンサプリメントや抗酸化サプリメントの服用、食習慣を改める等の改善策が提示されます。

改善策に真摯に取り組めば、慢性疲労や腸の不調が有意に改善し、エネルギーが回り、集中力も増すようになって、ADHDが改善された症例もあるそうです。

あるうつ病患者さんがOAT検査を受けたそうです。

足りない栄養素が明らかになり、その栄養素を連日摂取することによって、脳内のネガティブ思考が一切消え去ったという話もあります。

うつ病の方や精神的に不安がある方は、有機酸が悪い影響を及ぼしている可能性も頭の片隅に入れておいて損はないと思います。

この試験、検体の海外送付と指導料込みで、マリヤクリニックで37500円でした。

自宅で尿を採って規定のラボへ送付するだけなので簡単な検査です。

私のOAT検査の結果は、こちらに書いてあります。

それにしても、海外には興味深い検査が沢山ありますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加