有機酸(OAT)検査で、貧血体質なことが判明した

有機酸検査については、前の記事で綴りました。

有機酸検査を実は2回受けました。

受けた理由は、腸内カンジダの有無を調べるためです。

この検査でカンジダが過剰増殖していることがわかれば、除菌治療をするパターンが多いそうです。

案の定、カンジダ菌が増殖していたみたいでナイスタチンとフルコナゾールという保険薬を使って除菌するに至りましたが、その効果たるや絶大でした。

その効果や除菌中の生活についてはまた別の記事に綴るとして、今回はOAT検査でわかった貧血体質について結果をシェアします。

image (2)
OAT検査ではこのような有機酸の結果の紙が2枚綴りとなっています。

自分にはどの有機酸が異常を示しているかが一目でわかるようになっています。

この紙だけだと私のような素人にはさっぱりなので、もう1枚以下のような検査結果が渡されます。

image (1)
このような結果表が渡されました。(写真雑ですみません・・・)

この結果から、私にはビタミンB12と葉酸の代謝が滞っていることがわかります。

このビタミンB12と葉酸って神経や精神にとって、とっても大事なビタミンですよね!

ちなみに私、血液検査でもMCVが高値です。

MCV高値は巨赤芽球性貧血であることを示し、正常な赤血球が作れない
→つまり、貧血症状になりやすいということです。

貧血症状はパニック症状に似た動悸や不安も惹き起こすので、これを改善せずに放っておいたらQOL(生活の質)が低くなってしまいますよね。

自閉症やアルツハイマー、統合失調症の原因のひとつに、この葉酸、ビタミンB12不足もあるそうです。

このような不足パターンは、昔ベジタリアンだった人や胃腸障害がある人が陥りやすい結果らしいです。

つくづく、私にはたん白質が足りてないんだろうなと思います。

念のため、現在もi-herbで買った葉酸とビタミンB12のサプリメントを飲んでます。

あと、コエンザイムQ10も不足していると記載がありますね。

私の場合、コエンザイムQ10のサプリはどのメーカーも身体に合わないみたいで、身体が拒否反応するんです。

飲めれば、スーパー元気になりそうなのにすっごく残念。食事で摂るしかないですね。

それにしても、葉酸、ビタミンB12、コエンザイムQ1oが不足してるってことは、TCA回路ガタガタですよね。

昔から常に眠くてエネルギー不足だった原因は、TCA回路を回す酵素が足りなかったんだと全てが解決しました。

TCA回路については、マリヤクリニックの先生の本に詳しく載ってるので読んでみるといいですよ。

たん白質をいくら食べても、元気にならない人は、エネルギーを作り出すのに必要な酵素が足りていないのかもしれませんね。

酵素といっても、たん白質なので、やっぱりたん白質って大事なんですね!

以上簡単なOAT検査( 1回目) のシェアでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加