最近流行りの糖質制限に思うこと

HNCK4484

昨日yahooニュースを見ていたら、糖質制限を啓蒙していた桐山秀樹氏がお亡くなりになられたとのこと。61歳だったそうです。

この方の著作は存じ上げませんが、巷では、無理な糖質制限に死因があるのではないかという論争が勃発しているみたいですね。

何はともあれ、ご冥福をお祈りいたします。

糖質制限が広がるのは嬉しい

桐山さんをはじめ発言力のある方が、糖質は体によくないという周知活動をすることによって、「糖質をあまり食べられない人がいる」という事が世間に認識されるようになったことはすごくありがたいですね。

メディアに出てくる人のおかげで糖質制限がメジャーになりましたから。

私が栄養療法を始めた当時は、外食行くのも苦労したし、白米を食べれないというと不思議そうな顔で見られたり、肩身が狭かったですからね。

知人の披露宴に参加するにしても、メニューを変えてもらったりするのを説明するのに苦労したことも。

今だったら、「糖質制限してるので・・・」って言っても、変な顔されることはなさそうです。

ただ、「糖質制限」という言葉が先走りしすぎて、完全に糖質をカットしてしまっている人がいるとしたら、それは危険だと思います

ライザップをはじめ、糖質制限で痩せるということがメディアでガンガン流されるわけですから、情報弱者はこぞって飛びつきます。

ただ、そのうち正しい知識を持って糖質制限を行っている人はどれくらいいるのでしょうか。

ダイエット目的だったら何をしてもいいのか、それはずっと続けられる食事なのか、指導してくれる人は正しい知識を持っているのか逐一考える必要があります。

糖質全カットは危なすぎます。

過去には糖質全カットによってボディービルダーだったマッスル北村さんが亡くなりました。

心不全だったそうです。気になる方は調べてみてくださいね。

運動前には炭水化物が必要だと思うのですが、どうなんでしょう。

専門知識がないまま、ひとりで極端な糖質制限ダイエットをするのは危険です。

本当に具合が悪い人は、しかるべき指導をしてくれる病院に行った方がいいですよ

糖質制限を試す人の中には、ダイエット目的の方、低血糖症など体調が悪いので改善したい方、精神症状を改善したい方などさまざまでしょう。

そのうち、本当に体調が悪かったり、精神症状を改善したい方は、しかるべき指導をしてくれる病院に行くべきです。

管理栄養士の資格さえ持っていないようなスポーツインストラクターに相談するなんてもってのほか。

さらに医師の中にも、ちょっと数時間の研修に行っただけで、臨床の場で栄養指導やサプリメントを販売している病院があります。

1つエピソードですが、栄養療法をやっている歯科医院に以前行ったことがあり、ただ問診表を書かされて血液検査もしないのに高額なサプリメントを薦められたことがあります。

その時、栄養療法をすでに行っていることは伏せていたため、サプリメントは購入しなかったですが、不安に煽られて買っちゃう人いるんだろうなと思いました。

低血糖症や糖尿病の話になってしまいますが、

本当に体調を治したかったら、臨床で何度もトライ&エラーを繰り返し、数多くの症例数の蓄積がある経験豊富な医師に診てもらうべきです。

どことはいいませんが、きちんとした病院は、どんな栄養素が足りていないのか血液検査を実施し、それを読み取ったうえで、しかるべき知識を備えた管理栄養士による栄養指導が行われ、医師による生活指導という流れで、きちんと1人1人に合った指導をします。

やっぱり栄養だけで元気になるのではなく、運動、睡眠、日々の心の持ちようなども大事ですからね。

それに、個人個人で、性別、年齢、体重、身長、自身の既往歴、家族の既往歴、活動量、筋肉量も異なります。

その人に合ったオーダーメードの栄養指導をできる腕のある先生を見つけてください。

個人によって、必要なたんぱく質量、糖質量、脂質の量は異なるのですから。

お金儲けのために、どの人にも同じような指導をしている方に、気をつけてくださいね。

糖質制限をすると、糖質に敏感になる

極端な糖質制限は万人にとって危険ということですが、私が通っていた低血糖症の第一人者であるマリヤクリニックの先生も、極端な糖質制限に警鈴を鳴らしていました。

つまり、糖質制限をやり始めると最初は調子よく感じるのですが、少し時間が経つにつれ、糖質にものすごく敏感になってフラフラしたり、動悸がしたり体調が悪くなってしまうということです。

糖質制限をやる前はそんなことなかったのにおかしいですよね?

糖質を摂らないがために、たんぱく質がエネルギー源になってしまっているからです。

急に糖質が入って来なくなったため、せっかく摂ったたんぱく質がエネルギーにならざるをえないので、身体を構成するたんぱく質が不足してしまうということです。

それで、身体の機能に不足が生じてしまう。

さらに、たんぱく質を摂る量に応じて、ビタミンB6の必要量も増えます。

ビタミンB6が足りないと、いろいろ悪影響が生じます。

糖質を完全にカットしたら、どこかにひずみがくるのは当たり前です。

チョコやクッキーなどの精製砂糖・小麦粉で作られたお菓子などはカットした方が良いですが、野菜の糖質まですべてカットするのは体に良くないのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加