グルテンフリーの主食はフォー?

pho_ha_noi

ディーン・フジオカさんが櫻井有吉アブナイ夜会に出演してたので観ちゃいました。

グルテンアレルギーってことで、ディーンさん、美味しいフォーを食べに行ってましたよ。

小麦粉で作られるパスタ類が食べれないので、米粉で作られるフォーが大好きみたいです。

なかでも、アメリカ西海岸流(ウエストコーストタイプ)のビーフフォーが好きみたい。

ウエストコーストタイプというのは、文字通りアメリカ・カリフォルニア州周辺で人気のフォーのこと。

近年ウエストコーストはアジア移民が多く、ベトナムからの移民者がフォーの店を開くと大ブームになったんです。

ヒップスターと呼ばれる流行の最先端をいく人たちの間で特に人気で、西洋人がお箸を持っているのを見かけると、まずこのウエストコーストフォーを食べているんだとか。

そんな好みに合った美味しいフォーが食べられるお店として紹介されていたのが、

江戸川区小岩のフォーおいしいというお店と、荒川区北千住のハノイハノイという本格的なベトナム料理のお店でした。どちらも東京。

”フォーおいしい”というお店は2/19~21日の間、「ディーンスペシャル」というディーンフジオカさんこだわりの味が楽しめるとか!

グルテンアレルギーの方は米粉で作られたフォーなら、食べれますよね。

ディーン・フジオカさんはフォーの食べ方にすごいこだわりがあって、

  1. 別皿に盛ってあるパクチーなどの香菜を一気にどんぶりへ入れる
  2. レモンをスクイーズする(絞る)
  3. 熱々のスープに野菜を浸す
  4. 海鮮ソースとチリソースを合わせる

これぞ本格的なベトナム料理で、この4つを励行して食べるのだそう。

う~ん 美味しそう♪

ただ、糖質制限している方は、フォーはちょっと糖質が高いかもしれませんね。

フォーのGI値が51ですから。

一方、小麦粉が原料のパスタ類はGI値が65もあるので、血糖値の乱高下に関してデメリットが少ないのはフォーの方に軍配があがります♪

ただ、念の為に、食べる前に野菜たっぷり摂ったりして、血糖値を上げにくくする対策は必要そうですね。

まぁ、それ抜きで考えても、フォーには牛肉も入っていて、コリアンダーやドクダミなどの付け合せの野菜がデトックスにもいいし、パスタとかより全然ヘルシー(*^^)v

スープもビーフブロスで、牛の骨のエキスたっぷりなのでコラーゲンたっぷり。

ベトナム人女性がなぜ細くて綺麗なのか、食生活を見れば自ずとわかります。

あとグルテンフリーに関しては、チェーン系のフォーには小麦粉が混入している可能性があるので、どうせ食べるならベトナム人が経営しているトラディショナルなお店が良さそうですね。

フォーのほかにもベトナム料理は米粉を用いた料理が多いのでグルテンフリー向けです。

1-trong-5-set-an-danh-cho-2-nguoi-tai-Banh-Xeo-Ba-Hai (1)

バインセオやバインクオンなどは、米粉で作られたお好み焼きと春巻き。どちらも、もちろんグルテンフリーです。

あとは定番生春巻き!

東南アジア系の料理って、なんであんなに美味しいんだろう・・・。

フォーとか、糖質制限麺使って家で作ってみようかな(*^^)v

それにしてもディーンフジオカかっこよすぎる。

グルテンフリーでディーンフジオカみたいにスリムになれるか!?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加