胚芽米を食べる理由とおすすめの胚芽米

私が受けている栄養療法では、主食を胚芽米にするよう指導されています。

なぜ胚芽米なのかというと、できるだけ血糖値を急激に上げないためです。

私は低血糖症なので、GI値の高い白米を食べると血糖値
が乱高下します。

血糖値が下がりきった時に、身体は何とかして血糖値を上げようとします。ただ、そのホルモンが厄介者なんです。

副腎から出るアドレナリンノルアドレナリンってやつですね。

アドレナリン、ノルアドレナリンが大量に分泌されると、副腎疲労を起こします。

私は検査の結果、ノルアドレナリンが出やすいみたい。

だから、低血糖になった際に、攻撃的になるタイプではなく落ち込むタイプです。

ノルアドレナリンが出やすいタイプは、うつ病、パニック障害、不安障害と誤って診断される人も多く、ノルアドレナリンが過剰に出ると、動悸や冷えもでやすくなると言われています。

それなら、わざわざ炭水化物のお米を摂らなきゃいいじゃない?って思いますが、

私は無反応性低血糖症といって常に細かく血糖値が乱高下している状態なので、エネルギーがたんぱく質だけだと筋肉がなくなってしまう。

筋肉がなくなるとか、かなり大げさなこと書きましたが、やせ細るわけじゃなくて、筋肉を削ってでもエネルギーを作ろうとするってことです。

筋肉がなくなると、とっさの時に(たとえば空腹時間が長いときなど)、エネルギーを作りだせないため、糖質源である胚芽米を摂っているってことです。

筋肉がない人は、エネルギーを溜めにくいのです。

そんなこともあり、私は朝、昼、夜必ず胚芽米を食べています。

オススメの胚芽米は、パルシステムの胚芽米です。

ちなみに胚芽米のGI値は約70。白米は約80くらいでしたっけ。

主観になってしまいますが、これを食べても全然調子悪くならないし、もうこれ以外は変えないつもりです。

スーパーでも胚芽米ってなかなか探せないから、治療初期から今までずっとこの胚芽米一筋。

body02

ちなみに裏面

body04

まぁ、これはパルシステムに入らないといけないわけですが、私はこの胚芽米を買うためにパルシステムに入会してるようなもんです。

注文は1週間に1回で、翌週配達してくれるし、楽ですよ。

うちの場合、1袋で夫婦二人暮らしで3週間もちます。値段は1袋税込み1099円です。

市場に疎いので、高いのか安いのかわかりませんが、他に良い胚芽米が見つけるのがダルイのでたぶんずっとこれからも、このパルシステムの胚芽米にお世話になります。

でも注意して欲しいのが、この種類の無洗米は気をつけた方がいいです。

たぶんですが、胚芽部分がほとんど摂れちゃってると思うので。

オススメなのは、無洗米じゃない、普通の胚芽米です(*^^)v

米

米粒の先っぽに繊維がみえますが、この部分に栄養がたっぷり入っています。

胚芽部分に、ビタミンB1,B2、E,ナイアシン、GABA、カルシウム、リン、鉄、などが微量含有されているのも、低血糖症の人にオススメされるゆえんですね。

最近はアメリカなど諸外国でも寿司ブームですが、一部の見識人によれば、白米はジャンクフード扱いだそうだそう。海外の人にも胚芽米の存在を知ったらきっと喜ぶだろうなぁ。

body02

ちなみに、

この前、手巻き寿司セット買って、胚芽米寿司を食べました(*^_^*)

※現在、栄養療法を行っている方は、医師の指示にしたがってください。

食べる量は個人個人の体調によって異なります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加