糖質制限的にカレーはNG?

この週末はヨガのレッスンだったんですが、いつも作っているお弁当を忘れてしまったので、ニューオープンしていたインド料理のお店にふらっと入りました。

インド料理と言えばカレーですが、本格的なカレー、つまりインド人やネパール人が経営しているお店は小麦粉を使っていないカレーがほぼ食べれます。

初めてのお店だったので、いちかばちかで入ったのですが、従業員は皆ネパール人だったので安心しました。インド料理を扱っているお店はネパール人が多いですね。

メニュー表を見てみると、

image (10)

色々食欲をそそるカレーがあって選ぶのに迷いましたが、

ソースタイプカレーのバターチキンとサグバニールをオーダー。

よくよく考えたら、具沢山のドライタイプカレーにすれば良かったかもと少し思いました。

特に、チャナマサラ(ヒヨコ豆)なんかはたんぱく質だし、血糖値に影響なさそう。

image (11)

もう、これ絶品でした。

インド料理のサラダによくかかっているドレッシングは、甘くないので血糖値あげません。

多くのお店では、にんじん、ヨーグルト、クミンかなんかで作っているらしい。

クックパッドにレシピがありました→ドレッシング

image (12)

一応血糖値対策に、プロテイン30g→タンドリーチキン→野菜→カレーの順で食べました。

これで少しは血糖上昇抑えられたかな。

ナンはさすがに小麦粉由来なのでお持ち帰りしましたが。

食べ終わったら、またまた血糖値対策にビタミンBをいつもより多く飲んで、家帰ってヨガしました。

低血糖症にカレーは大丈夫なの?

私自身は、インド人が作る本格的なカレーだったら食べていいと思ってます。

小麦粉が入っているか心配だったら店に電話して聞いても問題ないと思います。

ただ、ルーを食べる前に、タンドリーチキンや炭火焼などたんぱく質を多めに食べることが条件です。

それでも血糖値が上がるのが心配だったら、食前にファイバーやプロテインを飲んで、食後にはビタミンBやナイアシンをいつもより多めに。

ファイバーやプロテインがない場合は、無調整豆乳でも良いと思います

低血糖症初期などの栄養療法をしている方は医師の意見を仰いでください。

インド料理で選ぶサイドメニュー

インド料理は外食に使えます。

ただ、ランチだと、カレー、サラダ、ナンのセットしかない店が多いですが、ディナータイムだと単品で色々選べるのでディナー推しですね。

私が今回行ったお店だと、

image (13)

たんぱく質豊富そうな炭火焼きグリルがありました。

このほか、マサラオムレツ(野菜オムレツ)、スクティ(砂肝のスパイス炒め)や、お豆を使った料理など血糖値の上昇率の少ないものもサイドメニューにあるので、お付き合いで外食をしなければいけない日はインド料理ってけっこう使えます。

飲み物は、ウーロン茶で。

カレーって実は身体にいい!カンジダにも!

血糖値の視点になってましたが、そもそもカレーってとっても体にいいと思ってます。

カレーパウダーは使われる国によって異なりますが、ベースとしてターメリック、コリアンダー、カルダモン、クミン、スイートバジル、レッドペッパーが入ってることが多いです。

これに加え、生姜、にんにく、シナモンが入っている。

以上の材料の何がいいかって、

1、コリアンダーには抗菌効果があり、消化器系や免疫系を強くします
2、ターメリックに含まれるクルクミンは、肝臓の炎症、肝臓がんなど肝臓の健康に寄与するほか、骨粗しょう症をはじめ骨疾患予防にもなるとか。それ以外にも、炎症、リウマチ、アルツハイマー予防になることがわかっています。
3、カルダモンとスイートバジルは、アテローム性動脈硬化予防になります。
4、インドカレーに含まれるスパイスは、デトックス効果が大きく、血液クレンジング効果があり、カンジダにも効果があります。

いずれも、アユールヴェーダの教えですが、それにしても、ターメリックってものすごく体に良いんですね。びっくりぽん。

それと、インド人ってアルツハイマー発症率がものすごく低いのはカレーのおかげだって言われてるけどどうなんでしょう?

カレーの食べすぎはさすがによくないと思いますが、2ヶ月に1回くらいはインドカレー好きだし食べようかなぁ。

あっ、もちろんレトルトカレーは完全NGです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加