たんぱく質をただ食べているだけではダメ! 低胃酸症状の弊害

HNCK9272

貧血、膨満感と胃酸不足の関係でも書きましたが、どうやら私は慢性的に胃酸不足だったようで、胃酸を足してあげるサプリメントをi-herbで頼んで飲んでみたら、即効、膨満感と胃もたれが解消されました(^O^)

これを機に、飲むサプリメントを総入れ替えして、カンジダデトックスを見直したってのも多いに関係あるのだろうけど。

それにしても、いままでの悩みはなんだったんだろう・・・。

これまでたんぱく質を一生懸命摂っていたのに栄養吸収できてなかったなんてもったいなかったなぁ。

これを読んでいる人も、健康やダイエットの為にたんぱく質をただ食べるだけじゃなく、消化できているかにも注目してくださいね!

消化できていないと、ただの贅肉や肌荒れの原因になりますからね・・・。

No!! デブ一直線!!

低胃酸状態の弊害

胃酸が身体の中でどんな働きをしているか知ってください

・たんぱく質を必須アミノ酸に分解する。

・膵臓や小腸を刺激して、消化酵素や胆汁を生成する。このおかげで、摂取した炭水化物、たんぱく質、脂質が分解される。

・食品に含まれる病原菌や真菌を死滅させて、われわれを病気から守ってくれる。

周知の事実ですが、加齢に伴って胃酸は少なくなります。

この前も書いたけど、抗生物質の摂取や加工食品ばかり食べてても胃酸は減少する一方なので、安易に抗生物質を飲んだり、低糖質だからといって添加物がどっさり入ったお菓子を食べすぎないよう気をつけましょう。

低胃酸状態だとどんなことが起こるか

  • 食後の膨満感
  • 胸焼け
  • 消化不良、下痢、便秘
  • ニキビ
  • 慢性カンジダ病
  • 女性の薄毛
  • 食物アレルギー
  • 鉄欠乏
  • 慢性疲労
  • 副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)
  • 乾燥肌 etc
低胃酸状態=ミネラル欠乏=血中が酸性に傾く

低胃酸状態だと、たんぱく質の消化不良に陥ります。これは、当たり前ですよね。

たんぱく質自体は身体にとって欠かせないものなのに、低胃酸状態のままたんぱく質を食べてしまうとちょっと危険。

たんぱく質を上手に消化できないと、小腸が毒性に傾き、病気の原因になります。

さらに、たんぱく質そのものが酸性食品なので、血中pHが酸性に傾きます。

また、血液が酸性に傾くと体内からミネラルを奪ってしまうため、ミネラル欠乏の原因にもなります。将来、骨粗しょう症になりたくないなら、低胃酸症状を見直しましょう。

巷では、たんぱく質が健康づくりに良いことだけが強調されますが、たんぱく質の消化不良ではコルチゾール値が上昇し、血糖値を上げます。

コルチゾール値が高くなると、副腎疲労(アドレナルファティーグ)となり、DHEAという若返りホルモンの生成が抑制されて、老化も早くなってしまうんです(ー_ー)!!

さらに、低胃酸状態だと腸内の善玉菌よりも悪玉菌の方が優勢になってしまうので、腸内カンジダがある人も低胃酸を改善する策を練った方がよろしいでしょう。

おそろしいですね・・・低胃酸って。

低胃酸症状を改善するためにできること

・砂糖が含まれる食品を摂らない

・加工食品をなるべく摂らない

・発酵食品を必ず食事に取り入れる

甘~いお菓子など砂糖が含まれている食品はミネラルを奪うだけでなく、血糖値を乱高下させるので、嗜好品程度におさめた方が良いです。

私はストイックなので、家ではほとんど加工されている甘いものを食べません。

ただ、フルーツは、バナナやキウイとか食べます。カリウム不足なんで・・・。

血糖値が不安定な人は、糖質制限していても加工されている甘い物を欲するようです。

たんぱく質を多めに食べてきちんと消化できれば、自然と甘い物に対する執着心はなくなりますよん。

ザワークラウト、納豆、お漬物、ヨーグルト、キムチなどの発酵食品は食卓にマストです。

あと、なんといっても、よく噛んで食べること。

これにつきます。

手っ取り早く解決したいなら、胃酸を増やすサプリメントの摂取を考えること。

今回の記事で勘違いしてほしくないのが、

たんぱく質は大事ですが、消化できていないのが問題ということ。

たんぱく質を食べてみて、お腹がはったりしていないかどうか逐一確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加