鉄剤注射のデメリット~鉄欠乏性貧血の対策~

報道ステーションを見ていたところ、中学生マラソン選手の貧血対策に鉄剤注射を受けさせているが、それには少し問題があるという内容が放送されていました。

そう語ったのは元マラソンオリンピック選手で現指導者の山下佐知子監督。

中学生の女子マラソン選手の体調面で一番悩むのは貧血で、これは中学生に限らずマラソン選手には共通の悩みの種です。

貧血治療に鉄剤注射を投与すると、みるみる元気になる子が多いため、健康な子にも鉄剤注射を勧めるコーチが多いそうです。

そうした現状に対し、山下監督は警鈴を鳴らしていました。

なぜ鉄剤注射はよくないのか?

番組内では次のような見解でした。

通常、食事から鉄を摂った場合は、血管内のたんぱく質と鉄が結合してそれが肝臓にいき、肝臓内で貯蔵鉄として蓄えられる。

一方、鉄剤の静脈内投与(注射)の場合は鉄分すべてが吸収されるため、肝臓以外に腎臓、心臓にも過剰に鉄が溜まってしまい、そこで活性酸素を生じさせる。

要するに、鉄剤注射によって活性酸素が多く生じるリスクがあるということです。

活性酸素は正常な細胞をサビつかせてしまい、生活習慣病を引き起こしたり、老化の原因にもなります。

こうしたことからも、中学生の体にとって鉄剤注射の投与は負担が大きいという見解でした。

山下監督は食事から鉄を摂るのが一番と語っておられ、食べることが第二のトレーニングをモットーに食事改善を行ったところ、貧血の選手たちは元気になったそうです。

鉄剤注射にこのような影響があるのは初耳でしたが、やはり食事から摂るのが一番安全だと私も思います。

命に危険を及ぼすほどの貧血だったら、もちろん鉄剤の静注一択ですが・・・。

貧血が体に及ぼす影響

貧血がなぜ体にとってよくないかというと、慢性の貧血状態だと全身の細胞に酸素を届ける量が十分でなく、エネルギー回路が回らずに体にさまざまな悪影響が生じるためです。

は小腸から吸収され、肝臓や脾臓に蓄えられたあと、血液の製造工場である骨髄へと移動し、ここでタンパク質と結合してヘモグロビンが生まれる。ヘモグロビンは血液の循環に合わせて体を巡り、全身の細胞に酸素を届け、その酸素は細胞の中でエネルギーを生産するTCAサイクルを動かす

引用:栄養医学ガイドブック

貧血があると全身に回る酸素が少なくなるため、慢性疲労感がでやすかったり、心臓の負担が大きくなるため動悸を感じやすかったり、気持ち悪くなったりします。

動悸、めまい、パニック障害などの原因のひとつに、貧血があるともいわれています。

毎月体内の鉄分を失う有経女性のほとんどが貧血を抱えているので、対策を練ることが大切。

貧血が疑われる場合、何を食べればいいのか?

貧血というのは色々原因があるのですが、今回は生理による出血や食事からの鉄分摂取が少ない鉄欠乏性貧血の食事に限って説明したいと思います。

自分が鉄欠乏性貧血かどうか調べたい場合は、内科でFeの値やフェリチンという貯蔵鉄の値を測定してもらってください。(できない病院の方が多いので、事前に電話確認が必要)

基本的に貧血治療に必要な栄養素は以下の通り。

貧血対策には、たんぱく質、ヘム鉄、ビタミンA、ビタミンC,ビタミンE,ビタミンBなどの栄養素が必要です。

引用:栄養医学ガイドブック

私は貧血予防として、肉(特に赤身の肉)、卵、魚、豆などのたんぱく質牡蠣などの亜鉛、ホウレンソウ、ブロッコリーなどの緑野菜、かぼちゃ、トマト、カリフラワーなどのビタミンC豊富な食物を適度に食事に摂りいれています。

なかでも、レバーは最強。

生理後には、豚レバーや鶏レバーを食べるようにしています。

ビタミンCも鉄の吸収に不可欠なので、とても大事です。

鉄分のサプリが必要な場合も

食べ物では貧血の改善に追いつかない人は、鉄分のサプリを摂った方がよいかもしれません。

私も貧血体質なので、鉄分のサプリを家に常備しています。

image (111)

左側がi-herbで購入できる鉄。右側がクリニックのヘム鉄。

効果でいうと断然右側の方ですが、何も飲まないよりは左側のビスグリシン酸鉄を飲むと良いでしょう。

病院で処方されるフェロケル鉄といった一般的な鉄分は、胃腸の負担になることが多いのですが、ビスグリシン酸鉄は胃に優しいフォーミュラとなっています。

image (112)

錠剤はこんな感じです。左側がi-herbで購入できる鉄。右側がクリニックのヘム鉄。

右側の方が、THE・鉄!!っていう感じですよね。

いずれも胃腸に負担はほとんどかかりませんが、胃腸が弱い人は何らかのプロバイオティクスと飲んだ方がいいのかもしれません。

鉄欠乏性貧血は万病の元

基礎疾患として鉄欠乏性貧血を呈している場合、まずはこの鉄欠乏性貧血を治癒しないと細胞に酸素が届けられないため、各部位に栄養が行きわたりません。

貧血対策のためには、まずは普段の食事から変えてみてください。

普段お肉を食べない人は消化力も弱っているため、消化対策も必要です。

このブログでは消化のことについていくつか書いているのでお暇があれば読んでみてください。

栄養アドバイザーの定真理子さんの本は鉄欠乏性貧血についてどんな物を食べればいいかの具体例が載っていて、初心者にもわかりやすく語られています。

タイトルが『35歳からの栄養セラピー~妊娠体質に変わる食べ方があった~』ですが、子供の栄養を考える母親だけでなく、妊娠予定のない鉄欠乏性貧血の方でも十分参考になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加