ミランダ・カーの美の秘訣

7月11日のビストロスマップのゲストは、ミランダ・カーでした♡

ミランダはいわずと知れたモデル最高峰のヴィクシーエンジェル出身で、いまや日本でも知らない人はいないくらい大人気ですよね。

そんなミランダは、健康・美容オタクであることでも有名。

どんなに忙しくてもヘルシーなライフスタイルを送っています。

運動も欠かさず、バレエやヨガを日々の生活に自然に取り入れています。

食事面では昨日のビストロでも、血液型ダイエットを8割行っていると公言していました。

血液型ダイエットって?

血液型ダイエットは、ジェームス・ダダモ博士が考案した食事療法です。

簡単に言うと、A型、B型、O型、AB型によって、それぞれ消化・吸収しやすい食べ物が異なるという理論。

免疫に合う食事かどうかは血液型によって決まるとのこと。

食物にはレクチンという抗体がついているのですが、そのレクチンの形や大きさが食物によって異なるため、各血液抗体に合うか合わないか分かれてしまうのだそうです。

ミランダはA型なので、野菜メインで、たんぱく質は赤身の肉ではなく鶏肉を取り入れる食事をルーチンにしています。

野菜はアボカド、チェリー、ブルーベリー、ケール、ほうれん草を中心に食べているとビストロでも語っていました。

特にアボカドが1番大好物らしい。

穀物はグルテンフリーを実践しているので、キヌアを良く食べるとか。

ちなみに私は狩猟系のO型なので、赤身の肉、たんぱく質中心の食事療法が合っています。

O型の人はたんぱく質をたくさん食べて、たくさん運動すれば元気にいられます。

ダダモ博士の提唱に照らせば、いま実践している食事療法が私にとっては理にかなっているといえます(良かった・・・)。

ベジタリアンで元気になる人もいれば、たんぱく質多めの食事で元気になる人もいるのは、血液型による考えも一理あるのかもしれませんね。

ミランダ・カーは80:20

ミランダは、グルテンフリー、砂糖抜き、低GI食、高アルカリ食、上記の血液型ダイエットなど、一般人から見ればストイックな食事制限をしていますが、ストイックなのは80%で20%は好きなものを食べているそうです。

添加物とかも20%なら食べてOKにしているのだとか。

これはブレイク・ライブリーなどのセレブも同じ考え方。

やっぱり上手くバランスを取りながらQOLを向上させていくのが良いんですね。

朝は白湯にレモン

ミランダは、普段の飲み物も徹底的にこだわっています。

つまり、体を冷やさないように徹底しているということ。

朝は白湯にレモン汁。

仕事に行くときは、朝鮮人参茶をマグに入れて持っていく。

もしくは、タンポポ茶+ヤギのミルク+メープルシロップ。

朝鮮人参茶、気になります。

翌日の疲労感がかなり軽減されて肌ツヤがよくなるとのこと。

身体の血行を促してあげるのってやっぱり大事です。

睡眠時間の理想は8時間

ミランダは、どんなに忙しくても睡眠は7時間とるようにしているそうです。

理想は8時間。

「Sleep Cycle」というアプリを使って睡眠をコントロールしているのがなんだか意外でした。

美しく健康でいるには、食事・運動・睡眠が基本中の基本

ミランダの美しさの秘訣は、もともとのお顔の可愛らしさだけではなく、基本のルーチンを徹底していることにも秘訣があると思います。

基本のルーチン(食事・運動・睡眠)を徹底しているために、健康でいられて気持ちにも余裕ができ堂々としていられるのではないかと。

どんなに高いサプリメントを摂取していても、食事・運動・睡眠が疎かになっていると効果を最大限に発揮できません。

自分への戒めですが、ここの基本を今一度見直します。

夏の過ごし方で秋・冬の体調が決まるので、夏バテ対策にも、私はこの基本のルーチンを徹底していきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加