ポケモンGoは健康に良いのか?

ついに、日本にもポケモンGoが上陸しました。

iOSやアンドロイドで無料ダウンロードできます。

このブログは健康にフィーチャーしてるので、この大ヒットゲームが健康にどのような影響を及ぼすのかちょっと考察してみたいと思います。

このPVでは、皆が目をキラキラさせながらポケモンGoに興じていますね・・・。

ご存じの通り、ポケモンGoは外に出向かないとモンスターやアイテムを集められません。

リアルな世界でポケモンゲットするゲームですが、果たして健康やメンタルヘルスに与える影響はどうなのでしょうか?

識者いわく、この仕組みが引きこもりの方や社会不安症の人たちを外に導くきっかけになるだろうと期待がもたれています。

日本よりも早くダウンロードが始まった諸外国では、常にベッドに寝転がっていた人がモンスターを集めたい一心で外に出るようになり、周りの人とコミュニケーションを取るようになったとか。

精神科医が処方するどの薬よりもポケモンGoのほうがはるかに恩恵があるという皮肉った意見もありました。

高齢者の認知症予防にも期待されています。

長時間歩いたり、自然の中で過ごすことは健康に寄与する

90分以上歩くとネガティブな考えが消えるということが多くの研究から明らかになっています。

ポケモンGo目的で高尾山や富士山を登る強者もいるらしく、ゲームの影響力に思い知らされます。

健全な精神は健全な体に宿るという言葉もあるように、鍛えれば鍛えるほど心身が強くなるのは明らか。

眼の酷使に気をつけよう

ポケモンGoをするうえで健康面で注意してほしいのが眼の酷使です。

ポケモンGoをしながら歩くとスマホのブルーライトで眼をかなり酷使するので脳は情報処理に忙しくなり、本来ウォーキングで得られるすがすがしい爽快感よりも、逆に疲れてしまう可能性も考えられます。

夏は特に汗の排出とブルーライトの消耗でおそらくビタミンBが消費されるので、ポケモンGoで遊び疲れたらビタミンBを摂取するようにしましょう。

効果でいえば、日本のドラッグストアで売っているものよりも海外製がオススメです。

アミノ酸も足してあげれば最強。

ウォッチ型のポケモンGoプラスが近日発売

pokemon-go-plus-device

歩きスマホはしたくないけど、ポケモンGoはしたい・・・

そんな人にオススメなのがポケモンGoプラス。

日本では未発売ですが海外では爆発的なヒットを飛ばしています。(上のPVでも使われています)

ウォッチ型になっていて、ポケストップが近くにあるとバイブ、モンスターが近くにいると光でお知らせしてくれるというもの。

Bluetoothでスマホと連携するそうです。

スマホを見ずにモンスターを捕獲できるので、ウォーキングの付加価値として楽しむには最高ですね。

海外の価格から予想すると日本でも3500円くらいで販売されると思うので、ゲットしたいですね。

もっとも、ワクワクする気持ちとかってとても大事ですから楽しめる人はどうぞ楽しんでください( `ー´)ノ

平凡な日常をどう楽しく変化させるかを考えるのって結構、重要です♪

そういう面では、健康に大いに寄与すると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加