夏バテとは無縁になろう~夏に摂りたい栄養素~

HNCK2281

夏の不調、感じていませんか?

夏の疲れの原因は様々な原因があります

夏は暑さを感じるだけで脳は強いストレスを感じてしまうのです。

こんな生活をしている人はいませんか?

× 暑い時間(12時~14時)に外に出て汗をかく

→体内のミネラルが失われる

× 暑さによる食欲減退で蕎麦やそうめんだけを食べて過ごす

→過剰な炭水化物によりビタミンやミネラルの消費が増加

糖質の分解にはビタミンB1が多量に消費されます。

× キンキンに冷やした飲み物やアイスの過剰摂取

→胃腸の働きの低下により、ひいては食欲不振

× 暑さのせいで寝つきが悪い

→睡眠不足は夏バテ一直線

以上のようにさまざまな因子が絡み合って不調につながってしまいます。

今日からできる食事対策

すぐに始められる対策としては、新鮮なお肉・お魚・旬の野菜を摂ることが大事です。

これならすぐに始められますよね?

お肉、お魚は言わずもがな、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

肉の中でも夏にオススメなのは豚肉。

food_syougayaki

夏に失われがちなビタミンB1が豊富に含まれています。

豚肉と言えば、私は夏になると、ゴーヤチャンプルーを沢山作ります。

ゴーヤは旬の野菜ですし、豚肉、豆腐、卵を炒めるので、たんぱく質も沢山摂取できます。

ミネラルたっぷりのぬちまーすと胡椒、醤油だけの味付けで簡単に作れますしね。

野菜に関してですが、旬の露地の野菜はハウス栽培のものに比べて、ビタミンやミネラルの栄養価が高いので冬野菜ではなく、なるべく旬ものを食卓にとり入れるのがGoodです。

なかでも枝豆がおやつにとってもオススメ。

character_edamame

枝豆は食物繊維が豊富でビタミンCとたんぱく質が同時に摂取でき、コラーゲン生成にも寄与します。

つまり、肌を若返らせる食材とも言えます。

このほか、含有されているメチオニンというたんぱく質は肝機能をいたわることで有名。

だからビールのおともには必ず枝豆がついてくるのです。

paprika

もう一つオススメなのがパプリカ。

パプリカには熱しても損失しにくいビタミンCが含まれています。

先述した通り、夏は暑いと感じるだけでストレスを強く感じ、そのストレスによってビタミンCが500mg以上破壊されてしまうことがわかっています。

補ってあげないと余計不調を感じやすくなるので、夏の暑さ以外にもイライラを抱えている人はこうした野菜のほかにビタミンCのサプリメントを追加で摂ってあげるとさらに健康が維持できます。

私はビタミンCを1日1000mg摂取しています。

image (21)

水溶性なので、500mgを朝と夜1回ずつ。

ストレスを感じた日は1日1500mgに増やすなど自分でコントロールしています。

i-herbで購入できます。

最後にオススメなのが、梅干し。

梅干しは最低でも1日1個は食べるようにしています。

food_umeboshi

私が好きな映画『めがね』の中で、「梅はその日の難逃れ」というセリフがあります。

梅は江戸時代に庶民に広がるまでは庶民の万能薬でした。

梅にはたんぱく質、脂質、カルシウム、鉄、リンが含まれており、身体の有害菌を退治してくれる優れた作用があります。

血液の浄化やホルモンのバランスも整えると言われています。

さらに、梅干しが酸っぱいのはクエン酸のおかげなのですが、このクエン酸が夏に滞りがちなエネルギー回路を回してくれますよ。

以上、私が積極的に取り入れたい夏の食材でした。

どれもスーパーですぐ手に入るので今日から食卓に取り入れてみてください♪

生活習慣では、早めに寝ることも夏バテ対策につながります。

寝苦しいとは思いますが、早めの就寝を心掛けたいですね。

※夏に不足しがちな栄養素はこちらでも記事にしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加