深川油脂工業の【化学調味料・無添加ポテトチップス】を食べてみた

image (14)

ポテトチップスって健康に悪そうってイメージありますよね?

添加物どっさりだし、太りそうだし・・・。

でも、そんな「不健康」という固定概念を覆すポテトチップスが実はあるんです。

その名も、【化学調味料・無添加ポテトチップス】

パッケージにでかでかと「化学調味料・保存料は一切使用しておりません」と書いてあります。

image (15)

今回選んだのは、「うすしお味」ですが、

原材料は、じゃがいも、植物油脂、食塩のみ!!

とっても、シンプルです。

じゃがいもは国内産(北海道産の馬鈴薯)で、非遺伝子組み換え。

塩は100%オホーツクの海水をくみあげて釜炊きし、煮詰めて作ったこだわりの焼き塩を使用しています。

油は米油とパーム油を使用。

米油はビタミンEたっぷり。

image (16)

味の感想、気になりますよね?

素朴で美味しい!の一言です。

最初のひと口めは、「あれ!?塩っぽさが足りないなぁ」と正直感じたのですが、どんどん慣れていくうちに、素材のもつ美味しさにやみつきになりました。

現代人は化学添加物どっさりのポテトチップスに慣れてしまっているので、舌が鈍化している人はこのポテトチップスの良さには気づかないかもしれません。

私はすでに数年ジャンクフードを絶っているので、素朴なじゃがいもと海塩のコラボというシンプルな味付でも十分に満足することができました。

従来のポテトチップスって油がぎっとりして、食後胃にもたれがちだったり、喉がすぐかわくのですが、そういう心配もまずない。

からっと軽い感じの焼き上がりで、ところどころコゲがあったりするのも手作りっぽくて愛嬌があります。

この正真正銘のポテトチップスを食べてしまうと、ケミカルなポテチはもう食べれないですね。

栄養はこんな感じです。

カロリーが高いけど、私カロリーってよほどのことがない限りあまり気にしないんです。

普段あまりにも健康的な食生活なので、これくらいは許容範囲です。

素材にこだわるあまり、休売期間あり

深川油脂工業は、ポテチの素材を国産の新じゃがにこだわっているため、休売期間があるんです。

新じゃが収穫期の8月ごろに発売再開したので、現在は市場に出回っていると思います。

無添加ポテトチップスは3種類

アトピーで悩む人、妊活中の人、成長期のお子さん、健康オタクでどうしてもポテチが食べたい~って人は、こちらの無添加ポテトチップスに切り替えましょ♡

私はレジャーの時にまた買いたいと思います。

amazonではまとめ買いしかできないので、スーパーで見つけてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加