低血糖症の私が旅行先に持っていくもの

お盆の4泊5日で夫の実家に、法事と旅行を兼ねて行ってきました。

義父の初盆だったので来客が沢山くるなか、配膳や接客などで一日中立ちっぱなしでしたが、嫁業を無事にこなして肩の荷がおりた感じです。

その後は、温泉に入ったり旅行を楽しみました。

ごはん&おやつ

image (21)

発芽米ごはんはマスト

旅行先に必ず持っていくのが、ファンケルの発芽米ごはんです。

小パックになっていて、レンジで2分間温めるだけなので便利。

発芽玄米(国内産)には、GABA、食物繊維、ビタミン、ミネラル、PSGが豊富に含まれているため、旅行先での野菜不足を補う目的もあります。

白米との比較

食物繊維:2.5g(5倍)、ナトリウム:0mg(-)、カルシウム:7.5mg(1.5倍)、マグネシウム:118mg(5.1倍)、カリウム:250mg(2.8倍)、
ビタミンE:0.5~1.5mg(5~15倍)、ビタミンB1:0.35mg(4.4倍)、GABA(ギャバ):15mg(10倍)、総イノシトール:241mg(4.9倍)、
IP6:764mg(4.6倍)、総フェルラ酸:25mg(2.9倍)、オリザノール:28mg(10.4倍)

引用:ファンケル

私はGI値の高い白米を食べないので、ホテルに泊まる時も料理サービスの人に「温めてください」ってお願いしちゃいます。

1パックでお茶碗2杯くらいです。

おやつは血糖値を上げないもの

nuts_mix

車に乗っている時や遠出先でも補食(おやつ)は欠かせません。

今回持って行ったのは・・・

・ミックスナッツ・ビーフジャーキー・おしゃぶりするめ・かぼちゃの種・無調整豆乳・無添加ポテトチップス、ゼロチョコ

低血糖にならないよう、2~3時間に1回くらいつまむ感じです。

写真には載っていませんが、現地で有機栽培干しイモ、チクワも買って食べました。

持参するサプリメントは普段通り

image (22)

旅行先は楽しくても体はストレスを感じるそうなので、サプリメントは普段通りのものを持っていきます。

プロバイオティクスは忘れてはならない

旅行先で重要なのが、プロバイオティクス

プロバイオティクスを夜寝る前に飲めば、次の朝には快便状態が得られます。

今回の旅でも毎朝快便だったので、膨満感や消化不良を感じることはありませんでした。

お腹の調子が悪いと、外食も楽しめないし、体も重くなるので、絶対に必要です。

旅行先では普段食べないようなものも口にすることが多いので、お腹の健康は守りたいですよね。

毎食前にプロテイン

普段通り、毎食前にプロテインを飲んで、血糖値の上昇を抑えます。

旅行先ではどうしても糖質が避けられないこともあるので、プロテインはマスト。

プロテインを飲むことによって、血糖値の上昇が緩やかになります。

ケアグッズは最低限のものだけ

image (24)

サプリやおやつの量が多いので、ケアグッズは最低限のものだけ持っていきます。

ミサトールリノローションは必須持参品

私の場合、旅行先の布団に寝ると必ずといっていいほど喉がかゆくなるので、上咽頭ケアは欠かせません。

朝・夜とリノローションでケアしてあげれば、喉のかゆみも治まるんですよ。

油っぽいものを食べたりなど外食続きで体内に炎症が起こっていると、それにリンクして上咽頭も炎症します。

上咽頭炎が生じると、喉のかゆみや痛みが生じるのです。

腸が荒れて炎症するのを抑える意味で、リーキーガット対策にもなります。

そのほか

・歯磨き粉は、オーロメア

・車内のクーラーによるドライアイ対策には、ソフトサンティア

・スキンケアは、サンホワイト

・匂いエチケットには、ウェレダのワイルドローズデオドラント

最低限ですが、これらを持参すれば私は安心して過ごせます。

今回の旅行を終えて

travel_suitcase

今回は法事を兼ねての旅行でしたが、法事や外食では糖質たっぷりでした。

手巻きずし、エビチリ、天ぷら、プリンetc・・・。

いつもは白米や小麦系はなるべく食べないようにしていて久しぶりに食べたのですが、意外にも全く具合悪くなりませんでした。

片道5時間の車移動&法事&オリンピックを観るため深夜就寝の5日間でしたが、帰ってきてからも不調はなく元気です。

これまでだったら、帰ってきて翌日~数日はぐったりして寝て過ごすのが定番だったんですけどね。

自分に合ったサプリメントを飲んでいるおかげだと思います。

ちょっと体調にも自信が持てました♪

ただ、今回の旅で色々体に悪いものを溜め込んだと思うので、しばらくはデトックスに努めたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加