ケンタッキーの新商品【ソルティライムチキン】を食べてみた KFCと健康について

photocat

肉食女子にはお馴染み、ケンタッキー(KFC)の8/16に発売された新商品を食べてきました。

1ピース、270円です。

その名も、ソルティライムチキン

「ライムさっぱり、後からピリリの新体験」ということで、夏にぴったりの商品です。

image (41)

見た目は、胡椒が目立ち、パッと見はソルティ―ライムっぽさは感じられません。

ひと口食べてみて、定番のフライドチキンと違ってさっぱりした感じでした。

ライムも濃く味付けられているわけではなく、ほんのりと控えめにライムが香るという表現がぴったり。

食欲がすすむ味でした。

骨なしチキンなので、口回りや手が汚れないのが嬉しいです。

カーネリングポテト

ソルティライムチキンのほか、サイドメニューとしてカーネリングポテトもオーダー。

image (42)

こちらも新商品で250円です。

カーネリングという名前の通り、ポテトがカールしていました。

よくよく考えたら、カーネリングってネーミングは、創業者のカーネル・サンダースから取ったんでしょうね。

まるごとのじゃがいもを食べている感触で、マクドナルドのポテトとは違い、素材そのままでホクホクしてとっても美味しかったです。

糖質量はSサイズで、21g。

ソルティライムチキンもポテトも、数量限定なので、気になった方はKFCにレッツゴー♪

ケンタッキーって健康的に良いの?悪いの?

健康に気をつかっている私が、ケンタッキーを食べるなんてビックリしている人もいるかもしれません。

私は外出先で、ケンタッキーをけっこうチョイスします。

というのも、たんぱく質が豊富なので、低血糖症の補食にぴったりなんですよね。

マリヤクリニックの通院の帰りも、毎回病院近くのケンタッキーでお腹を満たしていました。

チキンに含まれるたんぱく質の量ですが、 オリジナルチキンにはたんぱく質が約18g含まれています。

たんぱく質の量という点では、優秀ですよね。

ちなみに炭水化物(糖質)は、7.9g含まれています。

低血糖症の治療初期はチキンの衣(ころも)をはがして食べていましたが、今では衣を食べても体が反応しなくなりました。

糖質が気になる方は、衣をはがした方が良いでしょう

グルテンで揚げられているので食べ過ぎは禁物ですが、パンケーキやスイーツを食べるよりも断然フライドチキンの方がヘルシーです。

鶏の質も悪くない

ケンタッキーの良いところは、国内産ハーブ鶏を使用しているところ。

2014年から、全面的に国内産に切り替えられています。

与えられている餌にはハーブ原料が含まれており、肉質が柔らかいとされる生後40日前後の若鶏が使用されているんです。

ファーストフードのチキンってどんな鶏が使用されているか不安になるかと思いますが、ケンタッキーの場合は衛生管理の厳しい基準をクリアした認定農場で育てられている鶏ということなので、信用しています。

いまだにKFCよりも、マクドナルドが人気な件

私は個人的にKFC(ケンタッキー)が好きですが、マクドナルドが大嫌いです。

でも世の中的には、安価なマクドナルドを選ぶ傾向があるようです。

photocat

この写真は私が撮ったものですが、マクドナルドとKFCが両隣にある場合、マクドナルドを選ぶ人の方が圧倒的に多いことがわかりますよね。

やっぱり明らかに安価だからでしょうか?

それとも、マクドナルドの安全性の実情を知らないだけ?

私はお金の安さとかで食べる物を判断せず、健康に害がない方を選びたいですね。

健康に気を使いたい人でファーストフードを選ぶなら、マクドナルドよりもケンタッキーをどうぞ選んでください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加