プロバイオティクスとプレバイオティクスは両方とってこそ、腸の至適健康に寄与する

HNCK5406-1

心身ともに健康で過ごすには、腸内環境を良好に維持することが絶対条件です。

腸内環境を良好に維持するのに欠かせないのが、プロバイオティクスプレバイオティクス

両者とも名前は似ていますが、それぞれ別々の役割を果たしています。

プロバイオティクスは悪玉菌と対の関係にある善玉菌のことで、一方、プレバイオティクスはこの善玉菌のエサとなるものです。

私たち人間をはじめ犬や虫でさえ、食べ物(エサ)を食べないと元気でいられませんよね。

善玉菌も私たちと同様、エサを食べればより元気に働いてくれるし、エサを与えないとそれほど効果がみられないことがわかってきました。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

気になるのが、どうやってこれらを摂取すれば良いかですよね。

Q、プロバイオティクス、つまり善玉菌はどうやって摂取すればよいのでしょうか?

A、一部の食品サプリメントから摂取します。

Q、プレバイオティクス、つまり善玉菌のエサはどうやって摂取すればよいのでしょうか?

A、人間が消化できない炭水化物(食物繊維)から摂取します。

このように、とっても簡単に摂取できます。

ただ、プレバイオティクスという言葉がそれほどメディアなどで流布していないため、プロバイオティクスだけを摂っている方が多いのが現状です。

腸内細菌がそれぞれ腸内フローラという集落を形成して、健康に寄与するには、プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方が必要です。

プロバイオティクスとプレバイオティクスがなぜ健康に良いのか?

プロバイオティクスやプレバイオティクスが身体に良いと言われる理由は以下の通りです。

・腸内がプロバイオティクス優勢(善玉菌がたくさんいる状態)になると、有害な細菌や真菌の侵入をある程度防ぐ

・免疫系にシグナルを送達して、炎症を抑制させる

・ビタミンK、短鎖脂肪酸を生成する

このうち短鎖脂肪酸は腸細胞の栄養にもなるため、腸そのものが強くなって炎症が少なくなり、腸内にウイルスやカンジダ菌などの有害菌が侵入するのを防ぎます。

つまり、プロバイオティクスを優勢にしてあげることこそが、リーキーガット対策や腸内カンジダ対策のメインアプローチとなるわけです。

プロバイオティクスを豊富に含む食べ物

countryside-dining-table-489652__180

興味深いことに、世界中にプロバイオティクスを含む食べ物が存在しています。

日本の代表的なプロバイオティクスは、ずばり漬物

私自身、毎日自家製のお漬物を食べています。

味噌納豆などの発酵食品も食卓に欠かせません。

日本以外の諸外国では、ザワークラウト、キムチをはじめとする発酵野菜、コンブチャ、テンペ、ケフィア、ヒカマ、クワス、発酵バター、発酵ニンニクなどを昔から利用して、現在に至るまで健康維持に役立ててきました。

ただ、ひとつ注意事項があって、いずれも低温殺菌されていないものを摂ることが条件です。

低温殺菌されている商品には善玉菌は含まれていませんからね。

以上にあげたプロバイオティクスのうち、すぐに家庭に摂り入れたいのがザワークラウト。

ザワークラウトはプロバイオティクス、プレバイオティクスの両方の役割を果たすんですよ♪

プレバイオティクスを豊富に含む食べ物

プレバイオティクスはプロバイオティクスのエサになるので、なるべく積極的に食べる必要があります。

野菜、マメ類、果物に含まれていて、基本的には人が消化できないものなので、プロバイオティクス(善玉菌)が代わりに消化してくれます。

種類としては、ニンニク、玉ねぎ、ネギ、アスパラガス、キャベツ、根菜類(サツマイモ、人参、ビーツなど)、アボカド、タンポポの葉、エンドウマメ、バナナ、オーツ麦など・・・

プレバイオティクス含有量はイヌリンが優秀

自然栽培されている野菜の中に、ヒカマ、キクイモ、チコリルートというのがあるのですが、この3種類に共通しているのがイヌリンというプレバイオティック(食物繊維)が豊富に含まれていることです。

上記の野菜は日本のスーパーではほとんど見かけないので、サプリメントとして別途摂って良いかもしれません。

サプリメント

ここまでで、プロバイオティクスとプレバイオティクスがどスーパーで買える野菜などに含まれていて簡単に取り入れられることがわかりました。

ただ、私は腸の健康を守るために同時にサプリメントも摂取しています。

私がクリニックから紹介されたカルチュレルというプロバイオティクス(ラクトバシルスGG)には、先述したチコリールート由来のイヌリンが含有されています。

つまり、プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂取できる超優秀なサプリなんです。

ずっと浮気せずに飲んでいるプロバイオ+プレバイオは、このサプリだけ。

プロバイオティクスがその人に合う合わないかは個人個人の腸相によって異なるため、色々な種類のプロバイオティクスを試してみてください♪

私が良いプロバイオティクスと判断する決め手は、それを摂取して便通の出が良くなったり、膨満感がなくなったり、気分が落ちまなくなるなどけっこうわかりやすい。

私はこれからも、お腹と向き合う生活を送っていきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加