久しぶりの不調。ものもらいができたので補中益気湯を飲む

ここ最近ずっと体調が良かったんですが、ものもらい(結膜炎)になってしまいました。

眼科には行ってないので自己診断なんですが、朝起きたら左目だけ痛かゆくて、充血してて、目やにが多い感じで・・・。

焦ってドラッグストアで抗菌目薬を買って点眼したら、二重の目が一重に・・・。

お岩さんのように余計に腫れあがってしまいました( ;∀;)

わたしどんだけ化学物質に過敏なの~!

ってことで、700円もした抗菌目薬はゴミ箱にサヨナラして、目にはソフトサンティアというやさしい目薬のみにして、抗菌目薬などの刺激を一切与えないことにしました。

自分的予測:ものもらいの原因

ものもらいって簡単に言えば、眼にばい菌が入っちゃって結膜が腫れる症状。

つまり、眼の炎症反応なので、眼以外にも体のどこかが炎症しているはず!

炎症の原因はわかってるんです。

寝不足&甘いものの摂取・・・。

image-1

おそらく、棗(なつめ)を沢山食べたのが原因だろうなぁ~と。

お土産でもらったんですね、棗。

棗は貧血やアンチエイジングに良いって言われる漢方食材なのですが、いかんせん甘い!

砂糖ばりに甘いけれど、健康に良さそうってことで食べすぎちゃったのが悪かった( ;∀;)

あと最近はグルテン系の食べ物を油断してけっこう食べちゃってたんです・・・。

カンジダちゃん増えちゃいましたね、きっと。

ってことで、寝不足も相まって、砂糖&グルテンによる炎症→副腎疲労が根底にあるだろうってことで、棗やグルテンにも別れを告げたら、やっと眼の腫れ&充血が治ってきました。

念のため、補中益気湯を飲む

ものもらいの治癒に、副腎を相当はたらかせたと思うので、副腎疲労、眼精疲労、ドライアイに良いとされる補中益気湯を飲んで、今週は無理しないようにします。

image-2

まぶたは胃腸のはたらきとリンクしているので、証にもよりますが、胃腸が弱っている時に補中益気湯は最適だと思います。

やけに美味しく感じるので、体が欲しているんだろうな。

それにしても、眼科に行かなくても治って良かった。

1週間しても治らなかったら眼科に行こうとは思ってたんですけどね。

そういえば、1年半くらい健康保険証使ってません。

栄養諸々の知識があって良かった。

最近は「休むことも仕事のひとつと思う」を忘れがちだったので、ものもらいができてくれたおかげで、これまでの生活習慣を良い方向に改めるきっかけになりました。

季節の変わり目なので、無理しすぎず、これまで以上にたんぱく質をとって早く寝ることを意識します♪

※ちなみに、補中益気湯は呼吸しにくいとか、不安感とか、膨満感があるときは 使わないほうがいいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加