菌や発酵のことを学べる漫画【もやしもん】をコンプリート

img_4316

ついに、もやしもん全巻をコンプリートしました!

知らない人は、もやしもんって何?って思いますよね。

『もやしもん』は、世界初の菌漫画

農業大学を舞台にした物語で、「菌、発酵、バイオ」というキーワードに興味がある人にとって好奇心が満たされる知的エンタメ漫画です。

漫画なので、もちろんストーリーも楽しめますし、13巻を通して、農大ライフのエキセントリックな1年間を描いています。男女の恋愛話もあり。

私は腸内細菌叢や発酵食品に興味があるので、どんぴしゃでした。

2004年に第1巻が発売されたものの、普遍的なテーマなので古臭さを感じさせません。

菌が可愛いんです

ストーリーの主人公・沢木直保は肉眼で菌を可視化できる特殊能力を持っており、食中毒を未然に防いだり、インフルエンザの感染源を特定することができます。

菌を可視化できるなんてオカルト漫画なんじゃない!?と一瞬思ってしまいますが、そんなことはなく、地に足がついた漫画です。

漫画の内容的には、農大の研究室で発酵食品を作ったり、ワイン作りなどの課外授業を読者に見せてくれているようなストーリーで、作中にはさまざまな菌が登場します。

いわば菌ありきの漫画なので菌に関する情報量が多く、なによりも、描かれる菌が可愛いのです。

img_4321

憎きカンジダも可愛く描かれています。

酵母菌、アシドフィルス菌、ガゼイ菌、ラクチス菌をはじめ、数十種類の菌が登場するので、「この菌知ってるー!こんな働きをしてるんだ」ってすっごくわかりやすく学べるんですよ。

もやしもんを読めば、菌や微生物に対して愛着がわくし、すべての菌が良くないって思う除菌主義の風潮は改めた方が良いと考えさせられました。

日本は特に昔から菌と共生してきましたしね。

発酵食品や醸造学が学べる

img_4318

作中では、世界中の発酵食品、ビール、日本酒、ワインなどの醸造学について詳しく語られているので、発酵食品をはじめとする食に対する知見が深まるのが読んでよかったポイントです。

味噌、みりん、酢、醤油の作り方などに関しても、今まであまり意識していませんでしたが、思わず「へー」となり、薄口醤油、濃い口醤油、たまり醤油、生醤油の違いを他人に説明できるようになります(笑)

普段食べる食品に、菌たちが関わっていると思うと彼らが愛おしくなりました。

全体でみるとお酒の話題が多いので、日本酒が飲みたくなってしまうのが困ります( ;∀;)

ほかにも、農業が直面している問題、環境問題なども描かれていて、13巻を通していろいろ考えさせられました。

大豆インクを使用

img_4317

もやしもんはパッケージからこだわりの大豆インクを使用していて、そういう細かいこだわりも好き。

プロが読むような専門書ってなかなか頭に入りませんが、漫画のストーリーのなかで理解でき、歴史の教科書よりも歴史漫画を読んだ方が頭に入るのと同じ感覚で頭に入ってきますよ。

漫画を侮るなかれ。

こういう漫画を読んで農学部へ行く子が増えて、日本の昔ながらの食や農業がもっと盛り上がれば良いなって思います♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加