たまにはグルテン・カゼインフリーを解禁♪船橋市飯山満の蔵六三三〇を来訪

腸の健康やメンタル良好を維持するべく、グルテン・カゼインフリーを普段の食事で実践していますが、雰囲気が素敵なカフェレストランがあるということで、ランチに行ってきました。記事下に、私流のグルテン・カゼイン対策も書いておきますね。

訪れたのは、千葉県船橋市飯山満にある「蔵六三三〇」というお店。地元の酪農家のチーズや牛乳などを使った料理と雰囲気が絶妙で、女の子が絶対に喜びそうな内装&雰囲気でした。

食べログでも評判がよかったので、行ってみたいなって思ってたんです。

IMG_20170408_141053

①モッツアレラチーズとリコッタチーズの前菜

IMG_20170408_131113

②季節野菜のバーニャカウダー

IMG_20170408_132330

③窯焼きピザ

IMG_20170408_134154

④季節野菜のパスタ

IMG_20170408_135323

⑤スイーツ(岩塩のジェラート)

IMG_20170408_142249

このセットでおよそ2000円。ランチにしては高いですが、雰囲気もよく大満足でした。

メニューには、ハンバーグもありますよ。

混んでいるので、絶対に行きたい人は予約が必須です。

小学生低学年以下は入店できないので、注意。

それほど雰囲気づくりにこだわっていて、オシャレな大人だけの空間という感じでした。

少し車を走らせればテーマパーク人気全国第三位に選ばれたアンデルセン公園に近いので、週末のドライブにオススメです。

外出先でのグルテン・カゼイン対策ケア

腸の健康やメンタル良好を維持するために、私は小麦粉や乳製品をできるだけ避けています。

でも、付き合いや外出先でどうしても食べなきゃいけない時ってありますよね。

そんな時は、食べる直前にトリエンザというサプリメントを飲んでいます。

IMG_20170409_114117

食前に2粒飲めばOK

IMG_20170409_114259

口に入れると、スーッとする感じがします。

このサプリメントにはDPP IV酵素というのが含まれており、グルテン由来のグルテモルフィン、カゼイン由来のカゾモルフィン対策になるんですね。

このグルテモルフィンやカゾモルフィンの影響で、腸が弱い人では特に眠くなったり、ダルくなったり、人によってはネガティブな気持ちになったりするとされています。

私の場合は、腸がよくなってきたので、今は気休めで飲んでいる感じです。

あれば安心、ないと少し不安。

そんな感じです。

ただ、これがあるからといって、小麦粉系や乳製品を食べすぎないことが大事(#^^#)

以前は頑なに、グルテン・カゼインを避けていたけど、今では気楽な気持ちで外食もできるようになったので嬉しいです。

なんでも食べられる「腸」になることこそ、栄養療法の最も大事なことだと私は思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加